親知らずの移植症例、適応症は?

沢田通り歯科

03-3767-0648

〒143-0016 東京都大田区大森北6丁目23-22

営業時間【午前】9:00〜13:00 【午後】14:00〜17:00
※17:00以降は、予約制カウンセリング。 定休日 木曜日

親知らずの移植症例、適応症は?

院長ブログ

2019/01/08 親知らずの移植症例、適応症は?

 

 

 

今日は虫歯が大きくて残せない歯に

“良い親知らず”があったので移植したケースを簡単に説明させて頂きます

 

 

まずはじめに、抜歯する理由です

今回は

何とか残して少しでも持てば良いという治療、ではなく、

治療介入したあとは、ある程度しっかり咬めて長持ちする治療

を希望されたので、右上の歯を抜歯する事にしました

 

隣は削られていない神経が生きている歯

ブリッジや義歯よりは、奥に“条件の良い親知らず”があるので、移植を選択しました

もし親知らずがない場合は、インプラントという選択肢もありますね

 

 

さて移植において大事なことの一つに、

優しく抜けるか、という条件があります

CTによって3次元的に適応症か(大きさ、歯根の数、形など)を判断します

 

 

また親知らずを抜いた後に、いかに早く移植する先に“はめ込む”かも大切です

そのためにレプリカを使用し、親知らずがしっかりハマるのはどの角度で、

反対側の歯とぶつからないか、なども確かめます

 

その上で親知らずをやさしーく抜歯して、写真だけ撮影し、

移植します

抜いて口腔外にある時間は、ほんの1分くらいでした

 

 

 

 

また今回の移植は少しだけ難しく、鼻水がたまる上顎洞という空洞が上顎にはあります。

それが移植歯をはめ込むのに邪魔をしていたので、上顎洞挙上術も併用しています

 

縫合した写真では少し見えずらいですが、糸が×で縫われています

糸がずれないように溝を掘る事もありますが、今回は削らずに安定しました

papillaは残してあり、減張量が足りない部分は結合組織移植も併用

 

 

今後は、親知らずの根の治療を行い(感染は少なそうな歯質なので1ヶ月後)

最終的に噛ませて行くために、プラスチックで修正して終了です

 

挺出はさせない予定

 

基本的には、移植した親知らずを削って被せるという事はしない方針です

 

 

以上が移植の術式でした。

 

 

 

最後に、大切なことをもう一つ。

移植に至ってしまった原因をしっかり考え、理解して頂き、

治療終了後の歯も長持ちさせなければなりません。

 

 

 

 

 

 

電話番号 03-3767-0648
住所 〒143-0016 東京都大田区大森北6丁目23-22
営業時間 【午前】9:00〜13:00【午後】14:00〜17:00 ※17:00以降は、予約制カウンセリング。
定休日 木曜日

TOP